ウィークリーマンションマンスリーマンション アパルトマン大阪

南巽の
ウィークリーマンション・
マンスリーマンション

南巽のウィークリーマンション・マンスリーマンション

南巽のウィークリーマンション・マンスリーマンションをご紹介。多彩なオプションで便利なウィークリーマンション生活をご提供します。

1

忍ヶ丘のホテルで料理を楽しむ

宿泊先の周辺において食事ができるのであれば宿泊先で食事をしなくてもいいかもしれません。その地域で有名な食べ物などがある場合も宿泊先よりも飲食店で食事をした方がいいこともあります。一方で宿泊先においての料理が有名であったり人気の場合はそちらを利用することもあります。忍ヶ丘駅の近くのホテルを利用するとき、料理がおいしいとのことで決めることにしました。自然の多いところで宿泊することができるところと聞いていました。食事に関しては幾つかから選ぶことができます。その時の旬の食材を使ったコースと、本格的なフレンチのコース、和食が中心の料理、冬などにはうれしい鍋料理を選ぶことができるようにもなっていました。季節の野菜などをふんだんに使ったフレンチコースを選びました。味は最高で、食材の良さが口の中に広がりました。夕食にそのようなおいしい食事を食べることができたのですが、朝食でも栄養のあるボリュームある食事を食べることが出来ました。

南巽、ウィークリーマンションをつかってみて。

南巽には二回目の来訪。前回はビジネスホテルに泊まりましたが、時間に余裕もありウィークリーマンションというものがどんなものかも含め、利用してみることにしました。室内の感じはビジネスホテルと大きく違うところがあるわけではないですが、そもそも宿泊の場として考えているので過剰なサービスも必要なく、このくらいでいいのではないかなといった感じです。値段的にもビジネスホテルと比べると多少安く、結果的に一日はウィークリーマンションに戻らない日もあったのですが、それほど損したというイメージは自分の中ではもっていません。とにかく泊まる場所がはっきりしているというのは気持ち的に安心感がありますよね。デメリットとしては手軽にその土地を離れてしまえないことくらいでしょうか。用途によってビジネスホテルと使い分けれれば、選択肢としては有効なものと考えられます。世の中にはこういったものを利用したいと思っている方が増えているということなんですね。また機会があれば使わせていただきます。

南巽で長期宿泊するならマンスリーマンションがお得。

長期休暇を利用して、南巽に遊びに行きました。学生で、金銭的に余裕がなかったので、少しでも安く泊まれる方法はないかと探してみたところ、マンスリーマンションが一番自分の用途に合っていたので利用してみました。立地や築年数にもよるので、価格に関しては一概には言えないのですが、ビジネスホテルや素泊まりの民宿なんかに泊まるよりは、はるかに安いです。調べた中で最安値だった、1日当たり1300円のマンスリーマンションを利用してみましたが、機能面でも全く問題なく、快適に過ごすことが出来ました。嬉しかったのは、洗濯機がドラム式だったこと。シャツ類がしわになりにくいので、アイロンをかける手間が大幅に軽減されました。また、徒歩10分圏内にあった「カフェ・ド・ムーン」というカフェによく足を運んだのですが、価格の割にボリューム満点でとても美味しかったです。宿泊費用を抑えた分、ショッピングも楽しめるので、おすすめですよ。

マンスリーマンション・ウィークリーマンションを
お探しの地域から検索

あ行
我孫子前
我孫子道
阿波座
淡路
伊丹
今里
上本町
梅田
江坂
扇町
大阪
大阪阿部野橋
大阪城北詰
大阪天満宮
大阪ビジネスパーク
大和田
岡町
か行
門真市
上新庄
萱島
関大前
北巽
北田辺
北浜
京橋
樟葉
甲子園口
高速長田
御殿山
河堀口
さ行
堺筋本町
桜川
三ノ宮
汐見橋
四天王寺前夕陽ヶ丘
忍ヶ丘
小路
昭和町
新大阪
新神戸
心斎橋
新福島
吹田
杉本町
住吉
住吉大社
住吉東
関目
千林
千林大宮
千里山
曽根
園田
た行
だいどう豊里
大日
滝井
立花
谷町九丁目
谷町四丁目
谷町六丁目
塚口
塚本
鶴ヶ丘
出来島
寺田町
天神橋筋六丁目
天王寺
天満
天満橋
東部市場前
豊津
豊中
な行
長居
中崎町
長田
中津
中之島
長堀橋
中百舌鳥
なんば
難波
西梅田
西大橋
西中島南方
西長堀
日本橋
寝屋川市
野田
野田阪神
は行
東梅田
東三国
東淀川
肥後橋
美章園
兵庫
枚方市
平野
深井
深江橋
福島
藤井寺
布施
古川橋
弁天町
蛍池
本町
ま行
牧野
松屋町
御幣島
緑橋
南方
南千里
南巽
南森町
武庫之荘
桃谷
桃山台
守口
守口市
森ノ宮
や行
山田
四ツ橋
淀屋橋
ら行
緑地公園